二世帯住宅の一戸建てについて

二世帯住宅の一戸建てについて
二世帯住宅の一戸建てについて

外気の影響を受けやすい一戸建て

私は2年くらい前から一戸建てに住んでいます。子供の頃にも一戸建てに住んでいましたが、成人して以降賃貸暮らしが長かったので、実に20年以上ぶりです。引っ越したのは10月だったのですが、一番思ったのは寒い、でした。その前に住んでいたのは賃貸マンションの最上階でしたので、気密性が高くて10月なんてまだ暑いくらいでした。クーラーを入れていたくらいです。ところが一戸建ては10月でもコタツが欲しくなるほどの寒さでした。騒音問題から解放され、広い庭で家庭菜園を楽しめる夢のような生活が始まりましたが、この寒さだけが予想外に堪えました。

冬は寒いかわりに夏は涼しいのかと思いきや、実は夏は夏で暑いです。一戸建てはマンションに比べて窓が多いので、それだけ外気の影響を受けやすいというわけです。しかし諦める必要はありません。窓が多いのは開放感があって通気性も良いというメリットがあるわけですから、デメリットはカバーすれば良いだけです。一番簡単なのは二重窓にすることです。外気からの寒気や熱気を取り込みにくく、それでいて家の中の熱や冷気を逃がしません。気密性が高くなってマンションと同じように快適に過ごすことができます。遮光カーテンにする、カーテンを二重にする、なども有効です。

比べてお得!

Copyright 2017 二世帯住宅の一戸建てについて All Rights Reserved.