二世帯住宅の一戸建てについて

二世帯住宅の一戸建てについて
二世帯住宅の一戸建てについて

いま一戸建てに住んでいます。

4DKのわが家ですが、一人暮らしの簿くんは本当に広すぎます。実際に使っているのは3部屋で、残りは物置となっています。無駄なゴミがかなり散らかっていると言えるのです。また、既に建築から40年近く経っていることも有り、自身に対する強度も全く分かりません。このまま噂されているような大きな地震が来れば間違いなく家は崩壊することでしょう。地方で地震の入スを見る度に大変怖くなっています。また、かなり傷んできているので、それも直さないと行けません。お金があれば問題はないのですが働いていない好みにとってはまとまったお金を用意するのは非常に大変です。一番問題なのは、一階の床の部分です。フローリングが完全に傷んでいてかなりめくれ上がっています。またお風呂やトイレなども贅沢を言えばリフォームをしてもっと住みやすくしたいです。先日の大雨では台所が雨漏りでびしょびしょになりました。その上はコンクリートの打ちっぱなしで、晴天が続いたので直ぐにペンキを塗ることで取りあえずは収まっています。

この一戸建ては父尾やっがの越したくれた家で、そのお陰で大変助かっています。もしこの家がなければ、既に暮らしていくっこと藻難しかったと言えます。気持ちの上でも、戸建ては自分のお城があるような気がして素敵だと思います。多くの人にとって自分が暮らす言えというのは大きな芋を持つと思うのです。既に子育ても終え、後は一生この家で余生を過ごすだけだと言えます。

比べてお得!

Copyright 2017 二世帯住宅の一戸建てについて All Rights Reserved.