二世帯住宅の一戸建てについて

二世帯住宅の一戸建てについて
二世帯住宅の一戸建てについて

一戸建てを持つことで一国一城の主です。

子供の頃はアパートで暮らしていました。小学校2年の時に今のところへ非一戸しをして、父親の会社の寮に住んでいました。その寮は一軒家でしたが、4部屋の小さな家でした。そこから現在の一戸建てに引っ越したのは21の時です。それから既に35年ほどが経っています。良く父がこの家を残してくれたモノだと感謝しています。父はなくなる一年前にこの家を購入しました。最初誰もそれを信じなかったほど、父は物を中々買わない正確でした。実際にそれが信じられたのは引っ越しをしてからだと言えます。あのとき本当に良く決心してくれて問いまでは大変感謝しています。僕はこの家で育ったという感覚はないのですが僕の子供達はこの家で実際に育ちました。彼らにとっては思い出深い家だと思います。僕が実際に買った家ではありませんが取りあえず自分のモノとなり、その後長期間住んでいます。既にかなり痛みは来ていますが、暮らしていけるだけの状態にはなっています。

この先何年この家で暮らせるかが大きな問題です。僕の友人などは退職を前に家を建て直すような人間もいてます。見に行くととても立派な家で驚かされました。最初は新しい家を買い直すとのことでしたが、結局は同じ場所に立て直しをすることになったそうです。既にローンが終わっていたので、残りは建て直した家のほんの僅かな借金だけとの事です。やはり人間にとっては家は大切なモノだと思うのです。

比べてお得!

Copyright 2017 二世帯住宅の一戸建てについて All Rights Reserved.