二世帯住宅の一戸建てについて

二世帯住宅の一戸建てについて
二世帯住宅の一戸建てについて

わが家の須臾編は一戸建てが並ぶ住宅地です。

建築から既に40年その間一度もリフォームをしていないわが家などはあちらこちらがかなり傷んでいます。本当なら既にリフォームを終えていなければ成りません。一番問題なのは一階のフローリングです。既に相当傷んでいてそこら中がめくれ上がっています。次に直さないと行けないのはお風呂場とトイレだと言えます。この二つがリフォームできれば立派に相当な期間問題なく住む事が可能になると思いいます。屋根瓦は焼きの入った河原でまだまだ十分持つとのことでした・でも建築基準が変わる前に立てられた家なので、耐震強度がどうなっているノのか全く分かりません。損恐怖がいま一番怖いと言えます。地震のニュースが来る度に次はこの家が崩壊するのではと思ってしまうのです。一戸建ては自分で手直しをしていく必要があります。マンションのように積立金がないからです。もちろん自分の所有物なので仕方ないとは思いますが、これまで準備をしていなかったのでとても難しいと言えます。

出来れば更地にして売り飛ばしたいと考えるのですが、いまは買ったときよりも価格が安くなっているので、売っても次の算段が出来ません。出来ればマンション暮らしをしたいのです。マンションなら死ぬまで十分暮らしていけます。またリフォームなどの問題も中古マンションなら十分行うことが可能だと言えるのです。リフォームは骨組みを触る必要がないので戸建てよりも遙かに安く出来るからです。またマンションの方が確実に温かいとも言えます。

比べてお得!

Copyright 2017 二世帯住宅の一戸建てについて All Rights Reserved.