二世帯住宅の一戸建てについて

二世帯住宅の一戸建てについて
二世帯住宅の一戸建てについて

中古一戸建て住宅の注意点

中古の一戸建てを購入する際に気を付けておきたい点や、重要となる点などについて説明いたします。住宅購入の選択肢の一つとして中古の木造一戸建て住宅があります。木造住宅の価値は不動産売買の上では、30年ほどで無価値と判断されてしまいます。しかし最近の住宅ローンは最大35年間で組むことが可能ですし、築25年を過ぎた住宅においても劣化はしているものの、なじみのある家に住み続けている人も多くいます。中古住宅を購入する際にその価値を判断するためには、外観だけでは分からない部分が多く、建物が今後どの程度維持できるのか、耐震性はどの程度あるのか、など専門知識のない人には判断ができません。

中古住宅で重視したい点はその物件に関する書類がどの程度残っているかという点に尽きます。例えばその物件が建った際の確認申請図書や検査済証があれば、かなり運に恵まれたものです。20年以上前の物件で確認申請図書と検査済証がある物件は非常に稀ですので、この書類がある物件は恵まれており、違法性がないことがある程度わかるので安心です。また、その物件の図面などが残っている場合もかなり有望であり、改修工事をする際には適切に、実施することが可能となります。このような資料がない物件は敬遠した方がよく、どうしても購入したい場合は専門家に依頼し、物件調査と図面作成などをしてもらうことが肝要です。

比べてお得!

  • レオパレス21のワールド ビジネス サポート

Copyright 2017 二世帯住宅の一戸建てについて All Rights Reserved.