二世帯住宅の一戸建てについて

二世帯住宅の一戸建てについて
二世帯住宅の一戸建てについて

天井のシーリングファンと照明器具が一体化した一戸建て

リビングの通気性を第一に考えて、リビングにシーリングファンを取り付けようとする場合は、照明器具の大きさや配置に悩まされます。あまりシーリングファンに近い位置には照明器具を配置しようとすると、シーリングファンの位置を天井から大分と離さなければいけません。それでは天井周りの広々とした雰囲気が損なわれかねないので、照明器具かシーリングファンのどちらかの位置をズラす必要があるのです。そういった配置になってしまわない様に最近の一戸建てには、照明器具とシーリングファンを一体化させたものを採用した物件も多くなっています。

シーリングファンの中心部分が照明器具の役割を果たしている御陰で、そのシーリングファンの羽根が照明器具の光を遮ってしまうという事もありません。最初から一戸建ての照明器具をそういったデザインにしてくれている御陰で、後からリフォームをする必要が無いというのも助かります。後からシーリングファンを取り付けようとすると、天井のケーブルの工事までしなければいけない場合もあるのです。そんな手間を省ける事もあれば、通気性と部屋の明るさを同時に確保出来る物件として、引っ越し先の候補に入れてみるのも良いのではないでしょうか。

比べてお得!

Copyright 2017 二世帯住宅の一戸建てについて All Rights Reserved.