二世帯住宅の一戸建てについて

二世帯住宅の一戸建てについて
二世帯住宅の一戸建てについて

新築一戸建ては税金が少なくなる

一戸建てを購入する際には、資金の状況にもよりますが新築物件を希望する人が多いです。これは大金をかけて購入するのであれば、新築物件がいいという理由であり、中古物件は以前誰かが住んでいたので嫌と考える人も存在します。

新築一戸建ては購入資金を充分に用意しなければ購入できませんが、購入すれば将来的に売却も可能であり、資金不足に陥った時に売却できます。そして、新築物件であれば税金対策にもなります。固定資産税は不動産を所有している限り毎月支払わなければならない税金です。新築物件で居住用であれば、取得から3年間は固定資産税は半分の支払いで済みます。中古物件であれば減額されないので、無理をして購入した場合は税金の支払いに追われます。資金ぎりぎりで購入するのであれば、今後の事も考えて新築物件を選ぶことが大切です。固定資産税は3年に一回見直されます。物件の評価額に1.4をかけた金額が固定資産税です。新築物件の場合は固定資産税を全額支払う義務が発生すると同時に評価額が見直されるので、全く損をせずに税金を支払えます。土地にも税金はかかってくるので、資金調達の時点である程度資金が残るように計算することが大切です。

Copyright 2017 二世帯住宅の一戸建てについて All Rights Reserved.